ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年10月25日 12時39分 公開

NTT Com、パブリッククラウド「Cloudn」20年末に終了 「Enterprise Cloud」に経営資源を集中

NTTコミュニケーションズが、パブリッククラウドサービス「Cloudn」(クラウド・エヌ)を2020年12月31日に終了する。終了後は企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」に統合する。新規の申し込み受付は19年12月1日に停止する。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは10月24日、パブリッククラウドサービス「Cloudn」(クラウド・エヌ)を2020年12月31日に終了し、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」に統合すると発表した。新規の申し込み受付は19年12月1日に停止する。

 Cloudnは12年にスタート。仮想サーバや大容量データストレージを低価格で提供してきたが、セキュリティレベルの高いプライベートクラウドやハイブリッドクラウドの需要が伸びている市場環境を踏まえ、注力領域であるEnterprise Cloudへ経営資源を集中する。

photo

 Enterprise Cloudでは、ベアメタルサーバ、仮想サーバ、ストレージ、ハイパーバイザーなどを提供し、企業の基幹システムのクラウド化やハイブリッドクラウド環境への移行をサポートしている。

 外部ベンダーとの提携も進め、顧客がパブリッククラウドを利用する場合は、多様な製品を選べる体制を取っている。

 両サービスを統合した後は、VMwareのメニュー追加、ERP向け機能の強化、ディープラーニング向け基盤の機能の強化などを行っていく方針だ。

データ分析プラットフォームも強化

 また今回の統合には、同社が提供している企業向けデータ分析プラットフォーム「Smart Data Platform」を強化する狙いもあるとしている。

 データの収集、蓄積、管理、分析に必要なツールを一括で提供するサービスで、Enterprise Cloudの各製品はデータ利活用の基盤として中核的な役割を果たしているという。

 同社は統合後のSmart Data Platformの戦略について、「データ処理の最適配置や、自律的なICTリソースのコントロールの実現など、継続的に機能を拡充する」と説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.