ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年10月30日 22時29分 公開

LINE Payの国内MAU、「300億円祭」終了後に4割減 490万人→286万人に

「LINE Pay」の国内MAUは、1〜3月期は約170万人、4〜6月期は約490万人、7〜9月期は約286万人――と変動。大型キャンペーンで大きく伸びたが、その後はマーケティング費用を削減したため落ち込んだ。

[ITmedia]

 LINEは10月30日、2019年1〜9月期のモバイル決済サービス「LINE Pay」の国内MAU(月間アクティブユーザー数)の推移を開示した。1〜3月期は約170万人、4〜6月期は約490万人、7〜9月期は約286万人――と変動していた。

 4〜6月期に「300億円祭」などの大型キャンペーンを実施したことで大きく伸びたが、7〜9月期に還元を含むマーケティング費用を削減したため落ち込んだ。1〜3月期と比べると約1.6倍に増えているため、同社は「効率的な成長を実現した」としている。

photo LINEの決算資料より

 LINE Payによる送金件数も、7〜9月期は1〜3月期の2倍以上に増えたという。同社は「ばらまきによる一時的なユーザーのアクティブ化ではなく、LINE Payのさまざまな機能や資産を通じてサービスを充実化させ、オーガニックな成長を実現できた」と説明する。

 同社が発表した2019年1〜9月期連結決算は、売上高が1667億円(前年同期比10.2%増)、営業損益が275億円の赤字(同67億円の黒字)、最終損益が339億円の赤字(同60億円の赤字)だった。7〜9月にマーケティング費用を削減したものの、LINE Payなどへの先行投資がかさんだ影響で、トータルでは赤字となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.