ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月25日 12時49分 公開

LINEの1〜6月期、266億円の最終赤字 理由は“300億円祭”

LINEの2019年1〜6月期連結決算の最終損益が266億円の赤字だった。「LINE Pay」の大型キャンペーンなどに235億円を投入したのが原因だという。

[井上輝一,ITmedia]

 LINEが7月24日発表した2019年1〜6月期連結決算は、最終損益が266億円の赤字だった。モバイル決済サービス「LINE Pay」の大型キャンペーンなどに235億円を投入したのが原因だという。

「戦略事業」の営業損益が大きく赤字に。「300億円祭」での費用がほとんどだという

 LINEが「戦略事業」と位置付けるサービスの主力であるLINE Payでは、ユーザーへ総額300億円相当のLINE Pay残高を付与する「300億円祭」を行っていた。ユーザーへばらまいた費用がそのまま赤字としてのしかかった形だ。

 一方300億円祭により、LINE Payの月間利用者数はキャンペーン実施前(19年第1四半期)の190万人から490万人に増加した。LINEのファン・インジュンCFO(最高財務責任者)は「低コストでユーザーを獲得でき、成功裏に終えたことに満足している」と話した。

300億円祭で赤字になった代わり、月間利用者数が倍以上に増えた

 出澤剛CEOは「戦略事業への投資額は19年第2四半期がピークになる」として、今後300億円祭りほどのキャンペーンは行わない考えを示した。

 売上高は前年同期比11.5%増の1107億円だった。コア事業であるメッセージングアプリ関連の収益が牽引している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.