ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年11月08日 19時22分 公開

テレビ会議とWeb会議をつなぐ新端末、パナが発表 24拠点まで同時接続

パナソニックがテレビ会議システムとWeb会議サービスをつなぐ新商品を発表。同商品を介して、他社のWeb会議システムと映像や音声のやりとりができる。働き方改革によって高まるテレワーク需要に応え、異なるシステムやサービス間でもスムーズなコミュニケーションを可能にする。

[安田晴香,ITmedia]

 パナソニックは11月8日、同社が提供するテレビ会議システム「HDコム」シリーズにWeb会議サービスを接続できる専用端末「Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス」(KX-VCG100J)を発表した。同端末をWeb会議用のPCに有線接続すると、ネットワーク上にあるテレビ会議システムを自動で判別し、各拠点を結んだ遠隔会議を実現する。会議の際は、テレビ会議用の音声・映像をWeb会議向けに変換する。

photo 11月14日発売の「Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス」(KX-VCG100J)

 対応するWeb会議サービスは「Skype for Business」「Microsoft Teams」「Zoom」など。同時に24拠点まで接続できる。

photo テレビ会議とWeb会議をつなぐ例

 テレワークの普及によって遠隔地を結ぶ会議が一般化したことを受け、Web会議とテレビ会議を併用するユーザーの業務を効率化する狙い。在宅勤務中の社員が、オフィスにいるチームメンバーと会議する際などの利用を見込む。

photo 複数拠点でつないだ場合
photo 資料の閲覧も可能

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンの坪憲生課長(マーケティングセンター メディアエンターテインメント推進部 ビジネスコミュニケーション課)は、「ビデオ会議とWeb会議のどちらを使っても、ストレスなく円滑なコミュニケーションを促進する。クラウド型のビデオ会議システムは年間で約70万円のコストが掛かるため、出費を抑えられるメリットもある」と話した。

photo 開発背景を説明する坪憲生氏

 発売日は11月14日。価格はオープンで、実売予想価格は約40万円。今後2年間で2600台の販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.