ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年11月12日 17時26分 公開

シャープとNHK、くるくる巻き取れる有機ELディスプレイ開発 Inter BEEに出展

シャープとNHKが、30V型4Kフレキシブル有機ELディスプレイを共同開発。「Inter BEE 2019」に出展する。

[ITmedia]

 シャープは、NHKと共同開発した30V型4Kフレキシブル有機ELディスプレイを、「Inter BEE 2019」(11月13〜15日、千葉・幕張メッセ)に出展する。折れ曲がるディスプレイを採用し、視聴しないときは下部の筐体(きょうたい)に収納できるのが特徴。

 対角30インチ(アスペクト比16:9)のフレキシブルなフィルム基板上に、RGBの各色に発光する素子を埋め込んだ有機ELディスプレイ。薄さ約0.5ミリの表示部分を、半径約2センチのサイズに巻き取り、下部のスペースに収められる。

 ディスプレイを駆動するTFT(薄膜トランジスタ)には、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)で構成される酸化物半導体「IGZO」を採用。NHK独自の信号処理やパネル駆動技術を活用し、画面の明るさの均一性や動画の鮮明度を向上させたという。

photo
photo
photo

 巻き取れるディスプレイでは、韓国LG Electronicsが1月に試作品を発表。米ラスベガスで開催された「CES 2019」に出展していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.