ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2019年11月19日 14時13分 公開

「マジでやばい」「二次絵もいける」──写真から被写体を切り抜く「remove.bg」がネットで話題に

AI技術を活用し、画像をアップロードすると被写体だけを切り出し、背景を削除してくれるWebサービス「remove.bg」がネット上で話題に。動物やアニメキャラクターなども切り出せるようになり、驚きの声が上がっている。

[ITmedia]

 「マジでやばい」「何でも切り抜いてくれる」「二次絵もいける」──AI技術を活用し、画像をアップロードすると被写体だけを切り出し、背景を削除してくれるWebサービス「remove.bg」がネット上で話題を呼んでいる。以前は人間のみに対応していたが、動物やアニメキャラクターなども切り出せるようになり、驚きの声が上がっている。

 remove.bgは、Webサイト上に画像をアップロードすると、数秒程度で被写体だけを切り出してくれるサービス。オーストリアのAIベンチャー、KALEIDOが開発し、2018年ごろに公開を始めた。詳しい仕組みは明かしていないが、「AI技術を活用して、前景レイヤーを検出し、背景から分離する」(同社)という。

photo Webサイト上に画像をアップロードすると、被写体だけを切り出せる

 19年6月ごろに猫など人間以外の被写体にも対応したことを発表していたが、このほど日本のネットユーザーの間で「精度が上がっている」「アニメキャラクターも切り出せる」などと話題に。Twitter上では、アニメキャラの他、クルマや料理など、さまざまな被写体を切り出せた──という報告が相次いでいる。

photo 猫など人間以外の被写体にも対応

 同サービスはWebサイト上で無料で利用できるが、高解像度(0.25Mピクセル以上)の切り抜いた画像をダウンロードしたい場合などは有料のライセンスを購入する必要がある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.