ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年11月26日 14時22分 公開

楽天ペイの障害、原因は「楽天カードの復旧作業」

11月25日に発生した楽天ペイの障害の原因は、23日に発生した楽天カードの障害復旧作業が原因だと分かった。楽天カードのシステムが不安定な状態に陥ったため、楽天ペイにも影響が広がることを懸念し、サービスを停止したという。

[ITmedia]

 楽天は11月26日、スマートフォン決済サービス「楽天ペイ」で25日に発生した障害の原因を明らかにした。23日から不具合が発生しているクレジットカード「楽天カード」の復旧作業中、楽天カードのシステムが不安定な状態に陥り、楽天ペイにも影響が広がる恐れがあったことから、サービスを停止したという。

photo 楽天ペイのアプリ(公式サイトより)

 楽天ペイと楽天カードでは23日にも障害が発生。九州電力の子会社「QTnet」が運営し、楽天カードのシステムを稼働させているデータセンターの電源が一部ダウンしたことが原因だった。

 楽天ペイは23日中に復旧したが、25日午前9時半ごろから再び使えない状態になった。楽天カードの広報担当者によると、楽天カードの復旧を進める過程で、決済代行システムが不安定な状態に陥った。楽天ペイのユーザーの中には、支払い手段として楽天カードをひも付けている場合も多い。そのため同社は影響が広がることを懸念し、楽天ペイのサービスを一時停止したという。

 その後、楽天ペイは25日午後2時すぎに復旧したが、楽天カードの一部機能は利用できない状態が続いている。カードのキャッシング、12月以降の利用明細の確認、利用可能額の照会、会員情報の変更機能は停止している(26日午後2時現在)。

photo 楽天カードの公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.