ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年11月26日 15時11分 公開

ワコム、ブロックチェーン活用でデジタルアート作品の流通基盤構築へ 作者の権利を守りながら流通を促進

ワコムはスタートバーンと共同で、デジタルアート作品を作者の権利を守りながら流通させるプラットフォームを構築すると発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 ワコムは11月26日、ブロックチェーン技術を手掛けるスタートバーン(東京都文京区)と共同で、イラストやアニメーションなどのデジタルアート作品を流通させるプラットフォームを構築すると発表した。複製や転売を防ぐ技術や、作品が取引された際に作者に利益が還元されるような仕組みなどを導入するとしている。

photo

 このプラットフォームでは、ワコムのデジタル署名認証技術とスタートバーンの「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」ブロックチェーン技術を活用。デジタルアートの著作権や契約を管理し、作者の権利を保護しながら作品を売買できる場として開発する。

 ブロックチェーンには「イーサリアム」の技術を利用。ブロックチェーン上に作品の取引記録を残し、作品が二次販売された場合にも追跡して管理できる技術を導入する。さらに、デジタル署名を作品や作品の証明書に埋め込むことで、作者や作品の所有者が望まない複製や転売を防ぐとしている。

photo

 プラットフォーム上で売買が成立した際には、利益の一部を作者に還元するよう作者や販売者側で設定できるようにする。「作品の人気が出ると売買が活発になる。これにより作者の収入が次第に増えるため、作者はこの収入も視野に入れた価格設定ができる」(ワコム)という。

 ワコムは「必要とする人は日本に限らずいる」とし、このプラットフォームのグローバル展開を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.