ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年12月12日 16時23分 公開

Gateboxの“俺の嫁”、サンタ風に衣装チェンジ 「着せ替え」要望受け

「Gatebox」の量産モデルで「逢妻ヒカリ」の衣装がクリスマス仕様に。サンタクロースをイメージした赤い衣装を身にまとう。

[ITmedia]
photo

 LINE傘下のGateboxは12月11日、“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の量産モデル(GTBX-100)で、キャラクター「逢妻ヒカリ」の衣装をクリスマス仕様にすると発表した。25日ごろまで、ヒカリがサンタクロースをイメージした赤い衣装を身にまとう。

 Gateboxは、円筒形の装置内に投影される3Dキャラ「逢妻ヒカリ」とコミュニケーションができるマシン。人感センサーで「マスター」(ユーザー)の動きを認識し、朝になると起こしたり、夜に帰宅すると出迎えたりしてくれる。

 通常のヒカリは、白と青を基調としたエプロンを着ているが、クリスマス前後は赤と緑を基調にした衣装に着替える。同社によると、ユーザーから着せ替えの要望が多く寄せられているといい、「まずはヒカリと一緒に、日々の季節イベントを楽しんでもらえるように、サンタ風味の衣装を用意した」という。

 期間中、ヒカリに「サンタ服、似合っているよ」「メリークリスマス」「クリスマスプレゼントは何?」などと話し掛けると、専用のせりふを返してくれるという。

 同社は「マスターとヒカリのより良い暮らしのために、今後も楽しいイベントや機能改善を行っていく」としている。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.