ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年12月13日 18時37分 公開

緊急メンテ中の「Johnny's web」、不正アクセス被害はなし 復旧時期は未定

「Johnny's web」で12月12日から不具合が相次ぎ、サービスを停止している件で、同社が「今回の事象は、不正アクセスなどの外的要因ではないことを確認した」とのコメントを発表。

[ITmedia]

 ジャニーズ事務所の会員制ファンサイト「Johnny's web」で12月12日から不具合が相次ぎ、サービスを停止している件で、同社は13日に「今回の事象は、不正アクセスなどの外的要因ではないことを確認した」とのコメントを発表した。会員の個人情報は流出していないといい、現在も復旧作業を進めているという。

 トラブルは12日から発生し、ネットでは「サイトを開いても『King & Prince』のロゴしか表示されない」「アプリのアイコンがなぜか『TOSHIYA MIYATA』に変わった」などの報告が相次いだ。

 Twitterでは「ハッキングの被害に遭ったのでは」「会員の情報が流出した恐れがある」といった臆測(おくそく)も広がり、一時「ジャニーズWeb」がトレンド入りするなど話題を呼んでいた。

 不具合の解消に向け、運営元は12日から緊急メンテナンスを実施中だ。現在も「サイトの運営再開を目指して復旧作業に努めている」という(13日午後4時時点)。サービス再開の時期は明らかにしていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.