ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月16日 10時58分 公開

NGINX、モスクワオフィスへの強制捜査の状況を説明 創業者への尋問はあったが、現時点で逮捕者や拘束者はなし

Webサーバを開発・展開するNGINXが、当局による強制捜査が入ったと報じられた件についてコメント。創業者のIgor Sysoev氏が尋問を受けたのは事実だという。現時点では、逮捕者や拘束者はいないとしている。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「NGINX、モスクワオフィスへの強制捜査の状況を説明。創業者Igor Sysoev氏への尋問はあったものの、現時点で逮捕者や拘束者はなしと」(2019年12月16日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 オープンソースとして開発されている軽量なWebサーバ「NGINX」などの知的所有権を巡って、NGINXのモスクワオフィスに当局者による強制捜査が12月12日に入ったことが米ZDNetなどで報道されていました。

 12月15日、NGINXゼネラルマネジャーGus Robertsonの名前で、この状況について説明するメールが届きました。おそらく主要な関係者、顧客、ジャーナリストなどに送付しているものと思われます。

photo

 NGINXは、カザフスタン生まれのIgor Sysoev氏が、当時Webサーバとして主流だったApacheよりも優れたWebサーバを目指して2002年にロシアで開発を開始したソフトウェアです。

【参考記事】日本Nginxユーザ会が発足。開発者Igor Sysoev氏が語る、Nginxが生まれ、商用化された理由

 当初はSysgoev氏が個人でオープンソースとして開発を行っていましたが、より本格的に開発を行うために2011年に会社としてNGINX Inc.を立ち上げました。

 その後、オープンソースのNGINXに加えて商用版のNGINX Plus、ファイアウォール機能を提供するNGINX WAF、アプリケーションサーバ機能を提供するNGINX Unitなども展開。

 2019年2月には東京オフィスを立ち上げを発表。2019年3月にはF5 Networksによる買収が発表され、現在ではF5 Networks傘下となっています。

photo 2019年2月の東京オフィス立ち上げ時に来日した、NGINX,Inc. CTO兼Co-Founder Igor Sysoev氏(中央)、CEO Gus Robertson氏(右)、エンジンエックス・ジャパン ジャパンカントリーマネジャー 中島健氏(左)(肩書はいずれも当時)

 米ZDNetの報道によると、強制捜査の理由はロシアで検索エンジンやポータルサイトなどを手掛けるRambler Groupが、NGINXの開発時にSysoev氏が同社でシステム管理者として勤務していたため、NGINXの知的所有権が自社にあるとしてNGINX Inc.に対して著作権侵害を主張したため。

 Sysoev氏は、NGINXの開発は勤務時間外に行っていたことであり、Rambler Groupは当時、その存在すら知らなかったはずだと説明してます。

12月12日、モスクワオフィスに強制調査。マスタービルドはロシア国外で保全

 NGINXが今回明らかにしたのは、モスクワオフィスに事実上の強制捜査が入ったことと開発者のSysgoev氏らが尋問を受けたのは事実だということ。

 下記に声明を引用します。

On December 12, law enforcement officials came to the Moscow office of NGINX (acquired by F5 Networks earlier this year)apparently seeking evidence related to an intellectual property dispute, to which F5 is currently not a party. The officers had a warrant, and we are still working to confirm the full nature of the investigation. NGINX cofounders Igor Sysoev and Maxim Konovalov were interviewed by law enforcement officials, but no employees have been arrested or are currently detained.

 12月12日、法執行官がNGINXモスクワオフィス(2019年初めにF5により買収)へやってました。F5は現時点で当事者ではないものの、彼らは知的所有権の紛争に関する証拠を捜索しているようでした。

 執行官たちは令状を持っており、私たちは現在、捜査の全容について確認中です。

 NGINXの共同設立者であるIgor SysoevとMaxim Konovalovは法執行官からの尋問を受けましたが、逮捕や拘束された従業員はいません。

 そして同社は強制捜査後すぐ、モスクワで開発されているソフトウェアのマスタービルドの保全策を講じたとしています。

Promptly following the event we took measures to ensure the security of our master software builds for NGINX, NGINX Plus, NGINX WAF and NGINX Unit-all of which are stored on servers outside of Russia. No other products are developed within Russia. F5 remains committed to innovating with NGINX, NGINX Plus, NGINX WAF and NGINX Unit, and we will continue to provide the best-in-class support you’ve come to expect.

 この出来事のすぐあとで、私たちはNGINX、NGINX Plus、NGINX WAF、NGINX Unitのマスタービルドの安全を確保する対策を講じました。これらは全てロシア国外のサーバに保存されています。

 これ以外の製品はロシアで開発されていません。

 F5は引き続き、NGINX、NGINX Plus、NGINX WAF、NGINX Unitのイノベーションにコミットし、お客さまが期待するクラス最高のサポートを提供し続けます。

 同社は今後も経過を報告するとしています。

 20年も前の出来事をいま掘り出して著作権侵害と主張するRamler Groupの姿勢は理解しがたいものです。一方で、NGINXはインターネットでもっとも使われているソフトウェアの1つです。万が一これがロシアで著作権の侵害だと見なされた場合、その影響は非常に広範囲に及ぶ可能性があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.