ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年12月17日 14時10分 公開

noteに有料ファンコミュニティー機能 支援金を募って限定特典を提供できる

ピースオブケイクは、noteに有料のファンコミュニティーを作る「サークル機能」を追加する。クリエイターはサークルに参加するファンから毎月一定額の支援を集められる。

[谷井将人,ITmedia]

 ピースオブケイクは12月17日、コンテンツ配信サービス「note」に有料のファンコミュニティーを作れる「サークル機能」を2020年2月に追加すると発表した。クリエイターはコミュニティーに参加するファンから毎月一定額の支援金を集められる。

photo

 クリエイターは支援金を集める代わりに「参加者限定の割引券を配布する」「未発表音源を公開して感想をもらう」「オンラインで交流する」などの限定特典を自由に設定して参加者に提供できる。

photo クリエイターは複数の支援プランを作って提供できる

 設定できる支援額は100円〜1万円で、販売手数料は10%。サークルを作るには一定の審査を受ける必要があるという。12月17日から先行登録を受け付ける。

 noteには従来、月額購読料を設定して自身の記事を販売できる機能「定期購読マガジン」があったが、定期的な記事執筆が必要なため、執筆が得意なクリエイターを中心に使われていたという。サークル機能の提供で、ミュージシャンや漫画家、写真家、スポーツ選手、料理家など、さまざまなクリエイターが支援を受け取れる仕組みを提供する狙い。

photo サークル参加者に限定特典を提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.