ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年12月18日 18時54分 公開

「Johnny's web」が6日ぶりに復旧 トラブルの原因は「外部インフラの不具合」

サービスを停止していた「Johnny's web」が、12月18日に復旧した。運営元は「外部インフラサービスの不具合がトラブルの原因だった」と説明している。個人情報の流出などは起きていないという。

[ITmedia]

 トラブルが発生したためサービスを停止していた、ジャニーズ事務所の会員制ファンサイト「Johnny's web」が、12月18日に復旧した。運営元は「外部インフラサービスの不具合がトラブルの原因だった」と説明し、「今回の経験を生かし、より安全・安心にお楽しみいただけるJohnny's webを目指します」とコメントしている。

photo 運営元によるコメント

 同サイトでは12月12日から、アクセスすると「King & Prince」「TOSHIYA MIYATA」といった所属アイドルのロゴのみが表示され、内容を閲覧できないトラブルが発生。運営元は「緊急メンテナンスのため、サービスを停止している」と説明していた。

 一時はTwitterで「会員の情報が流出したのでは」といった臆測(おくそく)が広がっていたが、運営元は「不正アクセスなどの外的要因ではなく、皆さまの個人情報が流出していることはございませんので、ご安心ください」と説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.