ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年12月24日 13時05分 公開

神奈川県庁の転売HDD、全て回収 富士通リースとブロードリンクに指名停止処分

神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題に関して、同庁は転売されたHDD全てを回収したと発表した。富士通リースとブロードリンクに対しては指名停止処分を下した。

[谷井将人,ITmedia]

 神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題で、同庁は12月21日、転売された18台のHDD全てを回収したと発表した。24日には、HDDの処分を委託していた富士通リース(東京都千代田区)と、同社下請けのブロードリンク(東京都中央区)に対して指名停止処分を下したと明らかにした。

photo 神奈川県庁

 同庁は6日、行政文書などを保存していたHDDを処分する過程で個人情報が流出したと発表した。富士通リースからレンタルしていたファイルサーバのHDDを交換する際に、古いHDDの処分を担当したブロードリンクの元従業員・高橋雄一容疑者がHDDを破壊せずに持ち出し、ネットオークションで転売していた。

 神奈川県庁はオークションサイトの運営管理者に協力を依頼。HDDの落札者にメールで連絡をとった。18台のHDDのうち9台は5日に同庁が回収。残りの9台のうち5台は19日、4台は21日に回収が終えた。19日以降に回収した9台は、データ復旧などは行われなかったため情報流出はないという。

photo 神奈川県庁の報道発表

 一連の問題を受け、神奈川県は富士通リースとブロードリンクに対し3カ月間の指名停止処分を下した。富士通リースは11日、ブロードリンクは10日から、神奈川県の業務請負などの競争入札に参加できない。同県は、より厳しい措置として損害賠償の請求なども検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.