ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年12月27日 12時03分 公開

Twitterに“あけおめ絵文字”、4年ぶり 初日の出、富士山、茄子など

Twitter Japanが年末年始の企画を発表。該当するハッシュタグを付けてツイートすると、日本の風習にならった“あけおめ絵文字”が出現する。

[ITmedia]

 Twitterで、12月27日から期間限定の“あけおめ絵文字”が登場した。該当するハッシュタグでツイートすると、「初日の出」「鳥居」「富士山」「鷹」「茄子」の絵文字が表示される。反映期間は2020年1月31日まで。

 Twitter Japanが行う年末年始企画の一つ。「#あけおめ」「#謹賀新年」「#あけましておめでとう」で初日の出、「#初詣」で鳥居、「#富士」で富士山、「#鷹」でタカ、「#茄子」でナスの絵文字がそれぞれ表示される。新年を祝う絵文字は、15年にも期間限定で登場していた。

 同社は他にも企画を用意。Twitter Japan公式アカウント(@TwitterJP)で19年に話題になったアーティストなどと年越しに向けたカウントダウンツイートを毎日投稿する他、好きな言葉を入力すると新年の抱負を自動生成できる「#書き初めジェネレーター」を公開。年末年始に関するTwitterユーザーの投稿を使った交通広告なども展開する。

「#書き初めジェネレーター」

 20年1月1日午前7時には、東京都千代田区の「神田明神」(神田神社)で“Twitter特製お餅”を2020個限定で配る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.