ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月17日 13時01分 公開

Twitterでよく使われる絵文字、日本の1位は? トップ10発表、世界とかなり違う

Twitterは7月17日の「世界絵文字デー」を記念し、Twitter上でよく使われる絵文字の上位10個を、日本と世界それぞれに分けて発表した。日本の1位は、笑顔で涙を流す絵文字。一方で世界のランキング1位はサクランボの絵文字だ。

[ITmedia]

 Twitter Japanは7月17日の「世界絵文字デー」を記念し、Twitter上でよく使われる絵文字の上位10個を、日本と世界のユーザーに分けて発表した。日本の1位は、笑顔で涙を流す絵文字。一方で世界のランキング1位はサクランボの絵文字だ。

画像 日本のTwitterユーザーに多く使われている絵文字
画像 世界のTwitterユーザーに多く使われている絵文字

 日本のランキングには、泣き顔など表情を表すものや、ピースサイン、グーパンチなどハンドサイン、ハートや桜の花などが入った。世界のランキングには、泣き顔や桜の花など日本と共通のものもあるが、カメラや太陽、虹など、日本のランキングでは圏外の絵文字が多数入っている。

 Twitterは世界絵文字デーに合わせて、鳥取県とのコラボレーションを実施。「#世界絵文字デー」「#鳥取」「#Emoji」「#WorldEmojiDay」などのハッシュタグを付けてツイートすると、鳥取県の県鳥でもある「おしどり」の絵文字が表示される。7月31日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.