ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年01月09日 16時04分 公開

LINEとUUUMが協業 LINE LIVE配信者を育成、グッズ販売などサポート

LINE LIVEで、配信者を育成する取り組み「LIVER Support Program」がスタート。YouTuber事務所を運営するUUUMと協業し、マネジメントを行う。

[ITmedia]

 LINEは1月9日、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で、配信者を育成する取り組み「LIVER Support Program」(ライバーサポートプログラム)を始めた。YouTuber事務所を運営するUUUM(ウーム)と協業し、同日から応募を受け付け、候補者を選抜してマネジメントを行う。

photo

 選抜者には、LINE LIVEの専門アドバイザーがより魅力的な配信内容になるようテクニックを教えたり、未公開のイベント情報を伝えたりする。UUUMも、動画プラットフォームやSNSでの活動、グッズ販売、企業とのタイアップなどを手助けし、活動領域が広がるよう後押しするという。

photo

 同プログラムでは、既にUUUMに所属するクリエイターが、LINE LIVEの配信者として参入することもサポートしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.