ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年08月05日 07時00分 公開

「企業より個人が勝つ時代が来る」 UUUMが語るYouTuberの今と未来 (1/2)

多数の人気YouTuberを抱えるYouTuberプロダクション「UUUM」で取締役CFOを務める渡辺崇さんに、YouTuberの今とこれからについて話を聞いた。

[房野麻子,ITmedia]

 もし自分の子供が「YouTuberになりたい」と言い出したら、読者はどう思うだろうか。「収入は安定しているのか」「動画で遊んでいるだけなのでは」「ニュースでYouTuberの問題行動が取り上げられているのを見た」など、不安に思う人が多いことだろう。

 しかし、近年は小学生のなりたい職業ランキング上位にYouTuberがランクインすることも珍しくなく、その人気ぶりは目を見張るものがある。テレビで活躍する芸能人や芸人ともまた違う、独特のYouTuber事情。「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」など多数の人気YouTuberが所属するYouTuberプロダクション「UUUM」(ウーム)で取締役CFO(最高財務責任者)を務める渡辺崇さんに、YouTuberの今とこれからについて話を聞いた。

photo UUUMの渡辺崇さん

YouTubeで“飯が食える”ようになるまで

 そもそもYouTuberとは一体どんな人を指すだろうか。一昔前は「YouTubeにオリジナルの動画を継続的にアップロードしている人」という説明が成り立っていたが、今では「YouTubeの広告収入だけで生計が成り立つ人々」という意味合いが強まっているように思う。

 YouTubeには再生回数に応じて動画のアップロード主に広告収入が支払われる仕組みがある。動画が再生される前や途中に入る動画広告などがYouTuberの主な収入源となる。

photo 広告収入を得るにも条件がある

 しかし、YouTubeに動画をアップロードしたからといって、誰もが最初から広告収入で生活できるわけではない。1回の動画再生で得られる収益は0.1〜0.2円程度といわれており、まとまった収益を得るにはそれなりの再生回数を稼ぐ必要がある。2018年2月20日からはYouTubeの収益化機能をオンにするために「チャンネル登録者数1000人以上」「過去12カ月の総再生時間が4000時間以上」といった基準も設けられた。

 YouTubeに動画をアップロードする人の大多数が普通の学生や社会人だ。学校や会社から帰ってきて、夜に動画を撮影し、夜通し編集して動画をアップしていることが多いという。

 彼らのほんの一握りがチャンネル登録者数や再生回数とともに広告収入が増え、仕事を辞めても動画に専念して生計が立てられるようになる。ただし、これには相当な年月が必要だと渡辺さんは話す。

 「著名なYouTuberは、4〜5年、場合によっては6〜7年と毎日動画を投稿し、少しずつ視聴者を増やしてきました。日々投稿すると視聴者が徐々に増える。毎日動画のネタを考え、撮影や編集作業を続けるのは大変ですが、それが彼らの仕事なのです」(渡辺さん)

 仮に年月をかけてファンを獲得し、YouTube1本で生きていけるようになったとしよう。これは言ってみれば独立開業だ。個人では解決しにくい問題が彼らに立ちはだかる。

 例えば、学生やアルバイトで生計を立てていた人など、企業などの勤務経験が乏しいYouTuberは、資産管理や企業との契約、トラブルになった場合の法的な対処はハードルが高い。企業がYouTuberを起用した広告企画を立ち上げたくても、本人の交渉窓口がないため、スムーズに話が進まず機会損失を生むことも考えられる。

 そこでYouTuberをはじめとするクリエイターのマネジメントを行っているのが、YouTuberプロダクションの「UUUM」(ウーム)だ。

 UUUMは2013年6月に設立され、現在は約260人の従業員と4000人以上のYouTuberを抱える規模にまで躍進。17年8月には東証マザーズに上場し、19年5月期(18年6月〜19年5月)通期の業績は売上高197億円に達した。

photo UUUM所属のクリエイター

UUUMはクリエイターの「バディ」

 UUUMの仕事は、クリエイターのコンテンツ制作以外をサポートすることだ。

 YouTuberは、YouTubeの再生回数に応じた収益の他に、企業とのタイアップやイベント出演など、多方面での活動も重要な収益源となる。それらの架け橋となるのがUUUMだ。所属クリエイターは、企業との交渉や金銭、契約まわりなどの事務的な業務をUUUMに任せてコンテンツ作りに集中できる。

 UUUMはクリエイターと自らの関係を「バディ」と表現している。芸能人をマネジメントする芸能事務所と似ているが、YouTuberの場合、著名なクリエイターなら自分で生計を立てられることが芸能人と違う点だと渡辺さんは解説する。

 「トップクラスのクリエイターは、UUUMに所属しなくても十分な収入があります。しかしUUUMに所属すれば、1人ではできないような大型の企画にも携われるようになる。より大きな夢を実現できるわけです」(渡辺さん)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.