ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年01月21日 09時22分 公開

9月発売の次期iPhone、筐体デザインは同じで背面カメラの数が違うだけ?

情報が錯綜している2020年iPhoneモデルだが、同一筐体デザインでカメラの数だけが違うという、すっきりした製品構成である可能性が出てきた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleの中国サプライヤーからの情報によれば、9月発売の次期iPhoneは筐体デザインは同じで、背面カメラの数が違うだけになる可能性がある。

photo iPhone 2020 3D print mock-up

 以前、紹介したAlibaba Sourcesから入手した、iPhone 2020 6.5インチモデルとされる3Dプリントモックの筐体デザインと比べ、厚みが7.40ミリ前後となるものの、ディスプレイベゼルの厚みが2ミリとなるなど共通したデザインである可能性が高くなっている。

 複数のアナリストが予想するように、全て有機ELディスプレイに変わる可能性があり、TrueDepthカメラは引き続き継続採用されるようだ。

 5.4インチモデルはiPhone SEとiPhone 8の中間の高さ、6.1インチモデルはiPhone 11とiPhone 11 Proの中間の高さ、6.7インチモデルはiPhone 11 Pro Maxよりもわずかに高さが増える模様。

photo iPhone 2020 3D print mock-up

 5.4インチモデルと6.1インチモデルはiPhone 11と同等サイズの2眼カメラ仕様だが、6.7インチモデルの3眼カメラは、iPhone 11 Pro Maxの背面カメラよりもセンサーサイズが大きくなる可能性がある。

 アナリストが予想する6.1インチモデルの3眼カメラ仕様は確認できていない。

 また、5.4インチモデル、6.1インチモデル、6.7インチモデルは底面のマイク穴の数が全て異なっているようだ。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.