ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年01月30日 10時33分 公開

「Unicode Emoji 13.0」決定──タピオカドリンクも遅まきながら登場

Unicode Consortiumが、2020年版の絵文字セット「Emoji 13.0」の確定を発表した。タピオカドリンクやゴキブリ、ダイバーシティに配慮したウェディングベールをかぶった男性など、62の絵文字が追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Unicodeの開発を調整する非営利団体Unicode Consortiumは1月29日、2020年中に各種サービスで利用できるようになる新しい絵文字セット「Emoji 13.0」が確定したと発表した。メーカーなどへのリリースは3月で、iOSやAndroidなどで使えるようになるのは9月か10月になる見込みだ。

 新たに62の絵文字が追加された。昨年大流行した「タピオカドリンク」やダイバーシティに配慮した「赤ちゃんにミルクをあげる男性」などもある。

 emoji 1 タピオカドリンクと赤ちゃんにミルクをあげる男性

 人を表現する絵文字の場合は肌の色や性別のバリエーションが55種類ある。下は、ミルクをあげる人、花嫁、花婿の男性、男女どちらにもとれる人、女性の3種類を表している。

 emoji 2 トランスジェンダーに配慮したバリエーション例

 動物ではシロクマ、ビーバー、マンモス、バイソン、黒猫、ドードー、アシカが追加される。

 emoji 3 動物絵文字の一部

 その他、トランスジェンダーの旗やシンボル、プラカード、墓石、マトリョーシカ、ピックアップトラック、忍者、カブトムシ、ハエ、ゴキブリ(!)なども追加される。

 Unicodeのサイトで一覧を見ることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.