ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年01月30日 17時46分 公開

ポケモンGOで「GOバトルリーグ」開幕、プレミアムリワードで出てきたポケモンは? (1/2)

ポケモンGOでオンラインマッチング機能付きの対人戦「GOバトルリーグ」が始まりました。5キロ歩かないと対戦できない過酷なゲームの始まりです。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で1月30日、オンラインマッチング機能付きの対人戦「GOバトルリーグ」が始まりました。参戦するために5キロ歩かなければならないハードな戦いです。

 初日の朝は「お試し」なのか、5キロ歩く前に対戦ができました。メニューの「対戦」アイコンから「GOバトルリーグ」に入ると、簡単な説明が表示された後、「ふつうリワード」と「プレミアムリワード」を選択します。プレミアムな報酬をもらうには、ここで課金アイテムの「プレミアムバトルパス」(旧称:プレミアムレイドパス)を投入する必要があります。

 報酬の内容を比較してみましょう。ふつうリワードは、1勝で「ほしのすな」300、2勝でシークレットのアイテムで、4勝するとポケモンのゲットチャレンジとなります。

「ふつうリワード」と「プレミアムリワード」の違い

 対してプレミアムリワードでは、1勝でシークレットアイテム、2勝でポケモンゲットと、ポケモン獲得のハードルが大きく下がっていることが分かります。つまり、今後「マスクド・ピカチュウ」などのポケモンがリワードになったとき、「勝つ自信はあまりないけど、ポケモンは欲しい」という場合に課金アイテムを使うのでしょう。また、5勝するともらえる「ふしぎなアメ」7個もちょっと魅力的です。

ストレスなくバトルが始まる

 いよいよバトルです。午前9時ころに5戦連続で試したところ、特筆すべき点がいくつかありました。まず、マッチングは快適です。始まったばかりでまだ人が少ないことも影響していると思いますが、これまでのトレーナーバトル(対人戦)に比べて素早く相手が登場するのでストレスはありません。いいですね。

 対戦中、1度だけ相手のポケモンが表示されないトラブルに遭いました。その間に相手がポケモンが交代したのでしょう。「エアームド」と思っていた相手ポケモンから「ばくれつパンチ」が飛んできたので驚きました。どうやら「キノガッサ」だったようです。

相手が見えない状態でバトル継続中。画面上部にはちゃんと「キノガッサ」と表記されていました

 ゲージわざの出し方やシールド枚数などは従来のトレーナーバトルと同じ。ただ、知らない相手がどんどんやってきてはバトルの相手をしてくれるのですから、対人戦が好きな人にはたまりません。リアルなフレンドと違い、いつでもどこでもバトルできますし、ミスをしても恥ずかしくありません。

 結局、初めてのGOバトルリーグは5戦4勝で終了。シークレットアイテムはわざマシンノーマル、報酬のポケモンは「カビゴン」でした。ランクは2に上がりました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.