ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年02月05日 13時48分 公開

メルカリ、マスク取引は「社会通念上適切な範囲で」呼びかけ 新型肺炎で価格高騰

メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」上でのマスク取引について「社会通念上適切な範囲」で行うように呼びかけた。取引状況によっては入手経路の確認や商品の削除などを行うとしている。

[谷井将人,ITmedia]

 メルカリは2月4日、フリマアプリ「メルカリ」でマスクを取引する際に「社会通念上適切な範囲」で行うように呼びかけた。新型コロナウイルスの感染拡大による売買件数の増加を受けたもので、取引状況によっては入手経路の確認や商品の削除、アカウントの利用制限などの措置を行うという。

photo 高額品や大量出品などがある

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄状態にある中、メルカリでは不織布マスクや医療用マスクなどの取引が増加しているという。価格も高騰しており「マスク 新型コロナウイルス」などで検索すると、5万円以上の値が付けられているものや、3000枚以上を1口で出品しているものもある。

 メルカリに限らず、Amazon.co.jpのマーケットプレイスなど大手通販サイトでもマスクの価格高騰は起きている。厚生労働省はマスクの安定供給、薬局・薬剤師関連団体に「マスクの過剰な発注は行わないこと」「過剰な在庫を抱えないこと」などを求めている。

photo

 しかし、通販サイトの運営事業者はこれらの団体の会員ではない。厚生労働省は「通販サイトの運営事業者は厚生労働省の所管外。消費者庁と何かできないかと相談している」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.