ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年02月04日 15時35分 公開

ドコモとメルカリ、提携を正式発表 メルカリ・メルペイ利用でdポイント付与 20%還元も実施

メルカリとNTTドコモが業務提携を正式発表。メルカリ・メルペイを利用したユーザーにdポイントを付与するなど、ポイント事業と決済事業で協力する。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 メルカリ、メルペイ、NTTドコモは2月4日、キャッシュレス決済とポイントサービスの分野で業務提携すると正式発表した。2020年5月をめどに会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、フリマアプリ「メルカリ」で買い物をしたユーザーに「dポイント」を付与するなど、双方の顧客基盤を生かしたサービスを展開する。

 メルカリユーザーへのdポイント付与率は、取引額100円(税込)につき1ポイント。ユーザーはたまったdポイントを1ポイント当たり1円として、メルカリでの取引に利用できる。

photo メルカリとドコモが業務提携を正式発表

 今夏をめどに、スマートフォン決済サービス「メルペイ」で決済した顧客へのdポイント付与も始める。メルペイと「d払い」の電子マネー残高とポイント残高も連携させ、ユーザーが両アプリの画面から利用するサービスを選べるようにする。加盟店の共通化と、共同での営業活動も始める予定だ。

 両社はすでに、メルカリの使い方をレクチャーする「メルカリ教室」や、出品物の梱包・発送をサポートする取り組みを一部のドコモショップで実施している。提携を機に、これらを全国展開する計画もあるという。

 また、両社が保有するデータを連携させ、金融関連サービスやマーケティングなどの新規事業を始めることも検討中としている。

photo データを活用した新規事業も検討中という

 2月4日〜24日には、メルカリでの買い物に「d払い」を利用したユーザーに対し、通常のポイントに加え、購入額の最大20%分のdポイントを付与する還元キャンペーンを行う。

 NTTドコモの吉澤和弘社長は「アカウントとポイントを連携することで、顧客がどちらのサービスから入って来ても便利に使っていただける」と語った。

 メルカリの山田進太郎社長は「日本中のあらゆる店舗で、メルペイ・d払いが使える世界を目指す」と力を込めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.