ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年02月12日 11時01分 公開

mineoで通信障害 データ通信、約6時間利用できず 最大79万回線

MVNOサービス「mineo」で2月11日夜、データ通信が利用できなくなる障害が一部のユーザーに起きた。障害は約6時間にわたって続き、最大79万回線に影響があった。原因は通信機器の障害としており、詳細は調査中という。

[ITmedia]

 関西電力系列の通信会社・オプテージ(旧ケイ・オプティコム)が手掛けるMVNOサービス「mineo」で2月11日夜、データ通信が利用できなくなる障害が一部のユーザーに起きた。障害は約6時間にわたって続き、最大79万回線に影響があった。原因は通信機器の障害としており、詳細は調査中という。

画像 mineoの告知

 mineoは、au回線、ドコモ回線、ソフトバンク回線から選んで利用できるMVNOサービス。

 11日午後7時34分から、au回線、ドコモ回線、ソフトバンク回線それぞれの一部のユーザーで、データ通信が利用できない状態になった。また、特定のSIMカードで一部の端末を利用しているユーザーで、通話できない障害も起きた。

 au回線で最大約29万回線、ドコモ、ソフトバンク回線で最大約50万回線が接続できなくなったという。

 au回線のプランは12日午前0時30分ごろ、ドコモ、ソフトバンク回線は12日午前1時30分ごろに復旧した。

 障害の影響を受けたユーザーで、復旧後も利用できない場合は、端末の電源をいったんオフにして、再度オンにするよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.