ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年02月20日 14時08分 公開

鹿島建設、四足歩行ロボ「Spot」を建設現場に導入 自律巡回や遠隔撮影など実験

鹿島建設が、四足歩行ロボ「Spot」を建設現場に導入。トンネル現場で自律巡回や遠隔撮影などの実証実験を行った。

[ITmedia]

 鹿島建設は2月20日、四足歩行ロボット「Spot」を建設現場に導入したと発表した。トンネルの工事現場で実証実験を行った後、悪路を歩けるよう改良したという。巡回業務などを自動化し、建設業界の人手不足を解消する狙い。

ロボットでトンネル内を巡視
四足歩行ロボ「Spot」

 Spotは、ソフトバンク傘下の米Boston Dynamicsが開発したロボット。鹿島建設は2018年11月、神奈川県のトンネル工事現場でSpotを使った実証実験を行った。

 実験では、360度カメラを搭載したSpotを遠隔操作し、掘削箇所の写真撮影やポンプメーターなどの計器点検を実施。自律歩行による巡回も試した。実験後は、トンネル内の路盤なども歩けるようにSpotを改良したという。

Spot搭載のカメラで撮影した写真

 鹿島建設は今後、トンネル工事における測量業務などで実証実験をする予定。傾斜が急な地帯での調査や測量などでSpotが活用できるか検証する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.