ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月25日 08時34分 公開

iPhone 12、超近距離無線LANサポート? iPhone 11後継液晶モデルの可能性、AirTagの充電方法にも新たな噂

次期iPhone 12に「IEEE 802.11ay」の可能性が出てきた。その意味するところは?

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 次期iPhone 12に詳しい情報筋によれば、60GHz帯を使用する超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」をサポートする可能性があるようだ。

photo IEEE 802.11ay

 Appleは、Gigabit WiFi技術として、主に屋内におけるデバイス間でのデータ転送性能を大幅に向上させると考えられるが、スマートデバイスのためのジェスチャー認識、健康や見守り、個人認証、自動車内のモニタなどのユースケースも想定された技術のため、多方面で使用される可能性がある。

 QualcommはSnapdragon 855からサポート済みで、モバイル向けWi-Fiチップセット「QCA6421」と「QCA6431」を発表済みだ。

photo Qualcomm Dramatically Extends Wi-Fi Experiences to the 5G Era with 60GHz 802.11ay Solutions

 IEEE 802.11ayはDraft 5.0段階まで進み、2020年中に最終仕様が決まる予定。

 また、次期iPhone 12は全てOLED ディスプレイになると言われていたが、LCDディスプレイモデルも1機種ラインアップされるという噂が出ている。

photo LCDディスプレイモデル

 サイズなどは不明だが、それが加わるとなると、iPhone 11の後継機種が存在する可能性がある。

 2020年秋に発表されると噂されているUWBタグ「AirTag」は、完全防水仕様で、バッテリー充電のためにApple Watchの磁気充電に似た充電方法が採用されるという噂も出ている。

photo AirTag

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.