ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年02月27日 12時51分 公開

新型コロナの最新情報、AIがSNSから抽出 感染者数やイベント中止など素早く配信 JX通信社が開始

AIを活用して新型コロナウイルスに関する最新情報をSNSから収集し、確度の高い情報を迅速に配信するサービスが登場。最新の感染者数やイベント中止などの情報を取り扱う。「FASTALERT」の一機能として提供する。

[ITmedia]

 報道ベンチャーのJX通信社は2月26日、AIを活用して新型コロナウイルスに関する最新情報をSNSから収集し、確度の高い情報を迅速に配信するサービスを始めた。国内外の感染者数の推移、企業による対策(イベントの中止やテレワーク導入など)、行政や有識者が発信した情報、日本からの入国制限に関する情報――などを特設ページ上にまとめて表示する。

photo 「FASTALERT」の新型コロナウイルスに関する特設ページ(画像はイメージ)

 自然言語処理と画像解析の技術によって、SNSに投稿された新型コロナウイルス関連のテキストや画像を検知・収集する仕組み。国内外の感染者数は、発生地域をデジタル地図にプロットする他、推移をグラフにまとめて表示する。確度の高い情報をユーザーに素早く届けることで、対策につなげてもらう狙い。

 JX通信社の情報配信サービス「FASTALERT」の一機能として提供するため、同サービスのユーザーのみ特設ページを閲覧できる。FASTALERTは、AIがSNSから災害・事故・事件に関する情報を収集し、確度の高いものをリアルタイム配信するサービスで、メディアや警察、消防、自治体などが導入している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.