ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年03月09日 18時12分 公開

シャープ、中国OPPOとオッポジャパンを提訴 LTE関連特許を侵害したとして

シャープは、中国OPPOとオッポジャパンがシャープのLTE関連特許を侵害しているとして、ドイツと日本で損害賠償を求める訴訟を起こした。対象機種の販売差し止めは求めない。

[谷井将人,ITmedia]

 シャープは3月9日、中国OPPOとオッポジャパンがシャープのLTE関連特許を侵害しているとして、ドイツと日本で損害賠償請求訴訟を提起したと発表した。1月末にオッポジャパンに対して起こした特許権侵害差止請求訴訟とは別件で、対象機種の販売差し止めは求めない。

photo

 シャープは3月6日、日本とドイツで販売されているOPPO製スマートフォンについて、シャープが保有する複数のLTE関連特許を侵害しているとして、東京地方裁判所とドイツのミュンヘン第一地方裁判所、マンハイム地方裁判所に損害賠償請求訴訟を提起した。

 オッポジャパンについては、9日にも別のLTE関連特許を侵害したとして東京地方裁判所に損害賠償を求める訴訟を起こした。訴訟の対象機種や賠償額、侵害されたとする技術の詳細などは非公開としている。

 シャープは1月30日、オッポジャパンがシャープのWi-Fi関連特許を侵害しているとして特許権侵害差止請求訴訟を起こすと同時に、オッポジャパンが販売する一部のスマートフォンの販売差し止めを求めた。シャープとオッポジャパンは協議を続けているが、9日の時点では大きな進展はないという。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.