ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年01月30日 16時51分 公開

シャープ、オッポジャパンを特許侵害で提訴 スマホ5機種の販売差し止め要求

シャープは、オッポジャパンが同社のWi-Fi関連特許を侵害しているとして提訴した。オッポジャパンが販売する一部のスマホの販売差し止めを求めている。

[谷井将人,ITmedia]

 シャープは1月30日、オッポジャパンが同社のWi-Fi関連特許を侵害しているとして、東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を起こした。併せて特許権侵害差止仮処分の申し立てを行い、オッポジャパンが販売する一部のスマートフォンの販売差し止めを求めている。

photo

 シャープによると、侵害されたのはOFDM変調方式に関する特許。オッポジャパンのスマートフォンに、この技術が使われているという。

 シャープが販売差し止めを求めているのは、Reno A、Reno 10x Zoom、A5 2020、R17 Pro、Find Xの5機種。

photo Reno A

 オッポジャパンは、ITmedia NEWSの取材に対し「訴状の内容確認がまだできていない。社内で事実確認を進めている」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.