ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年09月25日 19時52分 公開

シャープ、“1週間の電池持ち”うたうスマホ「AQUOS sense3」発表

シャープが、スマートフォン「AQUOS」シリーズの新機種「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」を発表した。省電力なIGZO液晶ディスプレイと大容量のバッテリーを搭載し、1週間バッテリーがもつとしている。

[谷井将人,ITmedia]

 シャープは9月25日、「1週間の電池持ちを実現する」というスマートフォン「AQUOS sense3」を発表した。2019年冬モデルとして発売する。省電力なIGZO液晶ディスプレイと大容量のバッテリーを搭載する。

photo

 AQUOS sense3は5.5インチ(2160×1080ピクセル)のIGZO液晶ディスプレイを搭載。AQUOSシリーズとしては過去最大の4000mAhの大容量バッテリーを採用した。1日1時間ほど通話やメッセージを利用した場合に、約1週間バッテリーが持つとしている。

 サイズは70(幅)×8.9(奥行き)×147(高さ)ミリ、重さ167グラム。プロセッサはオクタコア(2.2GHz×4+1.8GHz×4)のSnapdragon 630、メモリは4GB、ストレージは64GB。アウトカメラは1200万画素の標準レンズ(35mm判換算24mm、F2.0)と、広角レンズ(18mm、F2.4)の2眼構成。カラーはライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックを用意する。

photo

 また、AQUOS sense3を大型化した「AQUOS sense3 plus」も同時に発表した。sense3と同様に4000mAhのバッテリーを搭載する他、プロセッサやメモリなどをスペックアップしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.