ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年03月13日 16時35分 公開

30枚4万1800円――架空のマスク販売メールに注意 国民生活センターが呼びかけ

国民生活センターは、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した架空のマスク販売メールが出回っているとして、消費者に注意を呼びかけた。メール内のリンクにアクセスすると個人情報を詐取される恐れがある。

[谷井将人,ITmedia]

 国民生活センターは3月12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄に便乗した架空のマスク販売メールが出回っているとして、消費者に注意を呼びかけた。メールには30枚4万1800円でマスクを売ると書いてあり、リンクにアクセスすると個人情報を詐取される恐れがある。

photo

 国民生活センターによると、ある産業資材メーカーの名前をかたり、「ウイルス、バクテリア、PM2.5、H7N9などをろ過して、汚染された空気の侵入を対策します」「ご購入はこちら」などとして偽のリンクに誘導するメールが確認されているという。

photo

 同センターが送信元とされたメーカーに確認したところ、そのようなメールは送られていないと分かった。実在する企業を装っている点から、個人情報やクレジットカード情報を盗む目的で作られたものだとみられる。

 国民生活センターは、実在する企業名が書かれたメールでも、記載された電話番号に電話したり、リンクをクリックしたりせず、企業のWebサイトを直接確認し、必要に応じて問い合わせるよう呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.