ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年03月14日 06時29分 公開

Apple、「WWDC 2020」は6月に“全く新しいオンライン形式”で開催へ

Appleが、例年6月にカリフォルニアで開催する開発者会議WWDCを、今年は完全オンライン形式で開催すると発表した。新型コロナウイルスには触れていないが、フィル・シラー上級副社長は「現在の衛生状態では新しいフォーマットを構築する必要がある」と語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月13日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2020」を6月に「全く新しいオンライン形式」で開催すると発表した。31年目になるWWDCは基調講演も、多数のセッションもすべて、オンラインで実施する。

 wwdc

 発表文では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)という言葉は使っていないが、ワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏は「現在の衛生状態では、世界中の開発者コミュニティ全体に優れた学習体験を提供するためのオンラインの基調講演とセッションを盛り込んだ新しいWWDC 2020フォーマットを構築する必要がある」と語った。日程などの詳細は向こう数週間中にApple DeveloperアプリおよびWebサイト、メールで通知する計画。

 同社は例年、4月初旬(昨年は3月末)にWWDCの日程を発表し、チケットを販売している。WWDCは物理的なイベントをキャンセルするのではなく、新しい形式での開催として発表できた。

 同社の開発者コミュニティには155以上の国や地域の2300万人以上が登録しており、近年は毎年5000人以上がWWDCに参加するためにカリフォルニア州を訪れている。WWDCは2017年からはApple本社のあるカリフォルニア州サンノゼで開催されてきた。AppleはWWDCのオンライン化によって生じる収益損失を補うため、サンノゼ市に100万ドル(約1億800万円)提供することも発表した。

 WWDCのチケットは昨年は1599ドルだった。オンラインWWDCが完全に無料かどうかはまだ不明だ。ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏は「われわれが取り組んできたすべての新製品や新技術で、WWDC 2020はビッグになるだろう」とし、開発者がAppleのエンジニアと全く新しい方法で交流するのを楽しみにしていると語った。

 WWDC 2020では、iOS 14、watchOS 7、macOS 10.16、tvOS 14(全て仮)などの次期OSといくつかの新しいハードウェアが発表される見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.