ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月26日 11時07分 公開

Safari、サードパーティーCookieの完全ブロック宣言

Appleが、Webブラウザ「Safari」の最新版で、サードパーティーCookieをデフォルトで完全にブロックしたと発表した。完全ブロックはWebブラウザとして初。Googleは2年以内に完全ブロックを目指すとしている。

[ITmedia]

 米Appleは3月24日(現地時間)、iOSおよびiPadOSのバージョン13.4とmacOS 10.15.4のSafari 13.1の「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」の更新により、「クロスサイトリソースのCookieをデフォルトで全面的にブロックするようになった」と発表した。

 itp

 Safariでは既に、ほとんどのサードパーティーCookieをブロックしているが、新たなブロック機能によって攻撃者はITPの状態を検出できなくなるため、安全性が大幅に高まるとしている。

 AppleのWebKitエンジニア、ジョン・ウィランデル氏は発表文で「完全なサードパーティーCookieのブロック機能により、Cookieブロック動作からITPを検出できないことが保証されている。この分析のきっかけになるレポートを提供してくれたGoogleに改めて感謝する」と語った。

 サードパーティーCookieを完全にブロックするWebブラウザはSafariが初になる。Googleは1月、2年以内に完全にブロックすると発表した。

 Appleは、他のブラウザの追従を支援するために、サードパーティーCookieブロックの詳細をW3Cのプライバシーグループに報告するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.