ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月30日 14時57分 公開

JALが「au 5G」導入 航空機の遠隔点検、タッチレス搭乗など実用化へ

JALが「au 5G」を業務に導入すると発表。高画質な映像を使った航空機の遠隔点検や、5Gスマートフォンを活用したタッチレス搭乗サービスなどの実現を目指す。国内の航空会社が5Gを正式導入するのは初。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は3月30日、KDDIの商用5Gサービス「au 5G」を業務に導入すると発表した。用途は未定だが、低遅延かつ大容量の5G通信を活用し、業務効率化やサービスの品質向上に向けて検討を進める。将来は、高画質な映像を使った航空機の遠隔点検や、5Gスマートフォンを活用したタッチレス搭乗サービスなどの実現を目指す。

photo JALの5G活用イメージ

 両社は2018年から5Gを使った実証実験を始め、タッチレス搭乗の他、航空機の整備作業の遠隔支援、乗客の位置情報の把握、ラウンジに滞在する乗客へのVRコンテンツ配信などの実現可能性を検証してきた。今後はこれらに加え、ドローンやアバターロボット、特殊車両の遠隔操作などの実現も検証する。

 国内の航空会社が5Gを正式導入するのは初という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.