ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年03月30日 18時20分 公開

iPhoneに突然表示される、不審なカレンダー通知 IPAが注意喚起

「iPhoneのカレンダーで、ウイルスに感染しているという通知が出る」「身に覚えのないイベントの予定が入っている」などの相談が1〜3月にかけて相次いでいると、情報処理推進機構(IPA)が注意喚起。

[ITmedia]

 「iPhoneのカレンダーで、ウイルスに感染しているという通知が出る」「身に覚えのないイベントの予定が入っている」──そんな相談が1〜3月にかけて相次いでいると、情報処理推進機構(IPA)が3月30日に注意を呼び掛けた。攻撃者はiCloudの機能を悪用し、他人のカレンダーに予定をシェアしているという。

photo 不審なカレンダー通知の手口イメージ=IPAの公式サイトより

 iPhoneで身に覚えのないカレンダーの通知が出たり、イベントの予定が登録されたりするという。イベントのタイトルは「ウイルスに感染している可能性があります」「あなたのiPhoneは保護されていません!」などで、一緒に掲載されているURLをタップすると、不審なサイトに誘導される恐れがあるとしている。

photo

 IPAによると、攻撃者はiCloudで他人とカレンダーを共有できる機能や、イベントへの出席を依頼する機能を悪用している可能性がある。攻撃者は何らかの方法で被害者のiCloudのメールアドレスを取得し、そのアドレス宛にカレンダーの予定を送り付けているとみられる。

 IPAは、身に覚えのない共有カレンダーへの参加依頼がきた場合は、イベントの予定を削除し、スパム報告をするように呼び掛けている。また、カレンダーなどに記載されているURLをタップしないよう注意喚起している。

photo
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.