ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年03月31日 12時09分 公開

LINEと厚労省、新型コロナ対策で全国調査 8300万人が対象、クラスター早期発見へ

LINEの国内ユーザーを対象にした、新型コロナウイルス対策のアンケート調査がスタート。体調や大まかな居住地域を回答してもらい、クラスターの早期発見などに役立てる。

[ITmedia]

 LINEと厚生労働省は3月31日、メッセージアプリ「LINE」の国内ユーザー約8300万人を対象に、新型コロナウイルス対策のためのアンケート調査を始めた。ユーザーの体調や大まかな居住地域といったデータを収集し、クラスター(感染者集団)の早期発見などに役立てる。

photo

 LINE公式アカウントとのトーク画面に「新型コロナ対策のための全国調査」を配信し、「現在の体調について教えてください」などの質問に回答してもらう。収集したデータは個人を特定できないように処理し、分析・調査の終了後に破棄するとしている。

 今後も調査を継続する方針で、次回は4月5日を予定している。

photo アンケート調査のイメージ

 アンケート調査を実施するため、厚労省は30日、LINEと情報提供に関する協定を結んだ。同省は「クラスターの発生を封じ込めるためには、早期発見と十分な対策を講じることが必要」と説明。LINEに限らず、民間事業者と同様の協定を結び、クラスター対策を強化していく方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.