ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年03月31日 12時15分 公開

WHOとゲーム事業者、新型コロナ対策で協力 「みんな離れてゲームをしよう」 #PlayApartTogether

世界保健機関(WHO)とゲーム関連事業者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、「#PlayApartTogether」キャンペーンを始めた。

[谷井将人,ITmedia]

 世界保健機関(WHO)と米国などのゲーム関連事業者は3月29日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、人々にゲームプレイを推奨し、外出自粛や感染症予防を促す「#PlayApartTogether」キャンペーンを始めた。

photo Riot GamesのWebサイト

 キャンペーンに参加するゲーム事業者は、限定イベントの開催や特別アイテムなどを提供したり、ゲーム内でCOVID-19から身を守るという趣旨のメッセージを出したりし、プレイヤーがWHOの感染症予防ガイドラインにある「他人と距離をとること」「手を洗うこと」「咳エチケットを守ること」などの行動をとるよう奨励する。

 参加事業者は、米Riot Gamesや米Twitch、米Unityなど18社。ゲーム開発事業者だけでなく、ゲーム実況配信サービスやゲーム開発プラットフォームを提供する事業者も取り組みに参加している。

photo 参加事業者

 一方で、WHOは2019年5月、生活に支障を来たすほどにゲームをやりすぎてしまう「ゲーム障害」を疾病として認定するなど、過度なゲームの使用には警戒感も示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.