ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年04月11日 06時00分 公開

AppleとGoogleが提携 新型コロナの感染防止で スマホのBluetoothで濃厚接触を検出

AppleとGoogleが新型コロナ対策でタッグを組む。感染者に濃厚接触した可能性がある場合、アプリに通知が届くといった仕組みを共同で開発する。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Appleと米Googleは4月10日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するため、Bluetoothを活用して感染者と濃厚接触した可能性を検出する技術の開発で協力すると発表した。

photo

 まずはiOSとAndroidとの間で、感染者の移動経路などに関するデータを相互にやりとりできるAPIを5月にリリースする。各国の公衆衛生当局が公式アプリ(iOS/Android)に組み込むことで、濃厚接触の可能性を検出する機能を提供できるようになる。

 Googleが公開した技術資料によれば、アプリの使い方はこうだ。COVID-19の検査で陽性反応が出たユーザーは自身で感染したことをアプリに入力する。すると過去数日間に接近したユーザーに通知が届く。感染した人の名前や接触した場所は他のユーザーに知らされず、AppleやGoogleにも特定できない仕組み。

 数カ月以内には、2社それぞれのプラットフォームに同様の機能を組み込むことで、より多くの人が参加できるようにする。アプリや政府の保健当局など、より広いエコシステムとの協働が可能になるという。

photo 感染者と濃厚接触した可能性を通知する仕組み

 2社は取り組みに対して、セキュリティやユーザーのプライバシー保護を強力に維持すると強調している。いずれもユーザーが情報提供の可否を決められるオプトイン方式となる見込み。2社の取り組みを第三者が分析できるように、関連する情報は公開することを前提にするとしている。

 「世界が直面する最も差し迫った問題を解決する上で、AppleとGoogleは力を合わせる必要性を痛切に感じている。開発者、政府機関、公衆衛生当局との緊密な協力と連携に基づき、テクノロジーの力を活用して、世界中の国々が新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑え、一日でも早く日常生活を取り戻せるよう支援していく」(Apple、Google)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.