ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年04月15日 15時45分 公開

使徒を育成する「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」、バンダイから 綾波レイにも成長

ついにネルフは使徒を育成する汎用卵型決戦兵器の開発に成功。果たしてその目的は?

[ITmedia]

 「ついにネルフは使徒を育成する汎用卵型決戦兵器の開発に成功。果たしてその目的は?」 バンダイは4月15日、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズとコラボした携帯型育成玩具「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」を発表した。2530円(税込)で6月13日に発売する。

「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」©カラー ©BANDAI,WiZ

 たまごっちを「LCL」(劇中に登場する生命維持のための液体)で満たした卵型容器に見立て、胎児の状態から使徒を育成するゲーム。使徒が空腹になったら「S2機関」を与え、LCLが汚染されたら調整するなど、エヴァンゲリオンの世界観を生かしたゲームシステムを採用する。育成をサボると使徒は心を閉ざし、「A.T.フィールド」を展開してしまう。

使徒が空腹になったら「S2機関」(写真=左)、「A.T.フィールド」(写真=右)

 使徒は20種類以上あり、育成の仕方でキャラクターが変化する。また繰り返し使徒を育てていくと綾波レイなどの人気キャラクターに成長することも。

 この他、「ロンギヌスの槍」や「N2爆弾」から逃げる「BATTLE TRAINING」、「目標をセンターに入れてスイッチ」を押すミニゲームなども用意。操作せずに一定の時間が過ぎるとアニメの名シーンや人気キャラクターを表示する機能もある。

 たまごっちとエヴァンゲリオンは、ともに1990年代に社会現象を巻き起こした人気コンテンツ。バンダイでは、「初期のたまごっちで遊んでいた世代にもたまごっちの魅力を再発見してもらいたい」としている。たまごっちは2021年の発売25周年に向け、今後もさまざまなキャラクターとコラボレーションを企画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.