ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年04月21日 14時01分 公開

10万円給付金をネット申請できるのは一部だけ? 「マイナポータル」にログインしてみた (1/2)

政府は、国民に一律10万円を支給する緊急経済対策を閣議決定した。給付金の申請はネットからも行えるが、ポータルサイト「マイナポータル」にマイナンバーカードを“読み込ませて”ログインする必要があり、すでにマイナンバーカードと対応スマホなどを持つ人の特権となりそうだ。

[谷井将人,ITmedia]

 政府は4月20日、国民に一律10万円を支給する緊急経済対策を閣議決定した。給付金の申請は郵送の他、ネットからも行えるが、マイナンバーに関する情報の閲覧や電子申請ができるポータルサイト「マイナポータル」にマイナンバーカードを“読み込ませて”ログインする必要がある。給付金の申し込み受け付けが始まる前に、マイナポータルにログインする方法をおさらいしよう。

photo マイナポータル

スマホでアクセスしてみた

 スマートフォンでマイナポータルにアクセスするには、近距離無線通信「NFC」に対応したスマートフォンの他に、マイナンバーカードと専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)が必要だ。

 対応機種は米AppleのiPhone 7以降の機種(iOS13.1以上)、シャープ「AQUOS」、富士通「arrows」、ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia」、サムスン電子「Galaxy」、米Google「Android One」「Pixel」の一部。あらかじめ設定画面からNFC機能を有効化する必要がある。

photo 対応メーカーの製品

 スマホからマイナポータルにログインする手順はこうだ。(1)アプリを立ち上げて「マイナポータルにログイン」ボタンをタップ、(2)4桁のパスワードを入力する。パスワードはカードの申請時に設定したもの、(3)画面の指示に従ってマイナンバーカードをスマートフォンにかざす。

photo マイナポータルAP

 認証に成功し、カードをスマートフォンから離すとマイナポータルのWebサイトが表示され、ログイン完了となる。慣れれば30秒程度でログインできる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.