ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月23日 10時22分 公開

Intagram、亡くなった人のアカウントに「追悼」バッジを準備中

Intagramが、親会社Facebookと同様に、亡くなったユーザーのアカウントに「追悼」バッジを表示する予定であることを認めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramが、亡くなったユーザーのアカウントに「Remembering(追悼)」バッジを表示する準備中だと、未発表新機能ハンターのジェーン・マンチュン・ウォン氏が4月21日にサンプル付きでツイートし、翌日Instagramがこれをリプライで認めた。


 Instagramでは、ユーザーが亡くなったことを家族や友人などが所定の手続きをすることで「追悼アカウント」に変更できるようになっている。追悼アカウントには誰もログインできなくなり、亡くなった本人がシェアしてきたコンテンツは残るが、公開スペースには表示されなくなる。だが、現在はプロフィールの外見は普通のアカウントと変わらない。

 insta 追悼アカウントに関するヘルプページ

 このプロフィールに、ウォン氏のサンプルのような「Remembering」バッジが表示されるようになる。

 jane

 Instagramの親会社であるFacebookでは、既に追悼アカウントに「○○さんを追悼」と表示するようになっている

 一方米Twitterは今のところ、こうした追悼アカウント機能を提供していないが、昨年11月、亡くなったユーザーのアカウントを追悼する方法を開発すると語った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.