ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年04月24日 20時09分 公開

アルコール消毒液の代わりになるウイスキー、木内酒造が発売

「常陸野ネストビール」などで知られる木内酒造が高濃度アルコール「NEW POT 70」を5月1日に発売する。ラベルには「消毒用エタノールの代替として手指消毒に使える」と記載した。

[ITmedia]

 「常陸野ネストビール」などで知られる木内酒造(茨城県那珂市)は4月24日、高濃度アルコール「NEW POT 70」を5月1日に発売すると発表した。麦を原料とする70度のウイスキー。ラベルには「消毒用エタノールの代替として手指消毒に使える」と記載している。価格は300ml入り1本1210円(税込)。

「NEW POT 70」(ニューポット70)

 販売数量は3万本で、医療機関への供給分とは別に一般消費者向けに在庫を確保した。まずオンラインショップと直営店で販売し、一般流通ルートにのせるかは検討中としている。

 厚生労働省は4月10日、医療機関に向けて高濃度エタノール製品の入手先として酒類製造者や販売者を追加すると通知した。これにより酒類製造業者は、医薬品や医薬部外品ではない高濃度エタノール製品のラベルやパッケージに「消毒用エタノールの代替として手指消毒に使える」と表示できるようになった。

木内酒造

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.