ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年04月27日 15時32分 公開

Google、マルチクラウド基盤「Anthos」のAWS正式対応を発表 Azure対応も作業中

米Googleが、マルチクラウド基盤「Anthos」のAWS正式対応を発表。Microsoft Azure対応もプレビューとなっている。Anthosは2019年にリリースされ、他社製品への対応が待たれていた。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Google、マルチクラウド基盤「Anthos」のAWS正式対応を発表、Azure対応も作業中。サービスメッシュのVM対応も」(2020年4月24日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Googleはこのほど、Kubernetesをベースにオンプレミスやマルチクラウドを実現する「Anthos」のAWS正式対応を発表しました。

 Anthosは、Kubernetesによってインフラレイヤを抽象化することにより、コンテナ化したアプリケーションをクラウドやオンプレミスなどインフラの種類や場所を気にせず実行できるハイブリッドクラウド/マルチクラウドを実現する基盤です。Googleがマネージドサービスとして提供し、利用者は全体をAnthosのコンソール画面から統合管理可能になります。

 これまでパブリッククラウド環境としてはGoogle Cloud、オンプレミス環境としてはVMwareなどに対応するGKE On-Prem(Google Kubernetes Engine On-Premise)をサポートしていました。

 Anthosは発表時点からAWSを含むマルチクラウド環境のサポートを予定しており、これまでAWSのサポートはプレビューとして行われていました。今回、それが正式版として発表されたわけです(4月6日から予定されていたGoogle Cloud Next '20がもしも新型コロナウイルスの影響を受けずに行われていれば、そこで発表されていたでしょう)。

 これによりAnthosの上で実行可能な、コンテナ化されたアプリケーション、コンテナ化したアプリケーションをサーバレスのように実行できるCloud Runのアプリケーションなどが、Google Cloud、GKE-On Premに加えてAWSでも実行できるようになりました。

 現在、Microsoft Azure対応もプレビューとなっています。こちらもいずれ正式対応が発表されるでしょう。

VM管理の統合とベアメタル対応

 またAnthosの新機能として、Google Cloudの仮想マシンもコンテナと同様にプログラマブルで宣言的な統合管理が可能になり、さらにAnthosのサービスメッシュ機能が仮想マシンのサポートも行うことが発表されました。

 また、今後の予定としてAnthosのデプロイをベアメタル上に行えるようにすることも発表されました。これにより、ハードウェアの性能をさらに引き出せるとともに、仮想環境を備えていないようなエッジ環境でもAnthosを利用しやすくなるとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.