ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年05月11日 09時04分 公開

Microsoft、「Office 365」の「全員に返信」ストーム対策機能を公開

Microsoftが、「Office 365」のExchangeで大量の「全員に返信」で最悪メールサーバがクラッシュする問題に対処する新機能「Reply All Storm Protection」の提供を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月8日(現地時間)、「Office 365」のExchange Onlineの新機能「Reply All Storm Protection」の全ユーザーへの提供を開始したと発表した。この機能は、昨年の「Microsoft Ignite 2019」で発表したもの。

 「Reply All Storm」とは、従業員数の多い大企業などで、従業員が全社メールでの通知に「全員に返信」オプションで返信することで大量のトラフィックが生じ、電子メールサーバの速度低下や最悪の場合クラッシュを引き起こしてしまう現象のことだ。

 Reply All Storm Protectionは、過去60分以内に10件を超える「全員に返信」を生成した5000人以上の受信者のいるすべてのメールスレッドをブロックする。

 機能が有効になると、スレッド内のすべての返信を4時間ブロックし、サーバがメールに優先順位を付け、Reply All Stormを食い止める。

 Reply All Stormの原因として配信されなかったメールの送信者には、以下のようなNDR(non-delivery report、不達レポート)が表示される。

 storm Reply All Stormメールの不達レポート

 Microsoftはこの新機能のフィードバックに基づいて、機能を調整、強化していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.