ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月31日 08時09分 公開

Microsoftの「Microsoft 365」関連発表まとめ コンシューマー向け「Teams」など

Microsoftが「Microsoft 365」関連のメディアイベントをオンラインで開催し、コンシューマー向けサブスクリプションサービス「Office 365 Solo」を「Microsoft 365 Personal」に名称変更することや「Microsoft Teams」を利用できるようにすることなどを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月30日(現地時間)、メディア向けのオンラインイベントを開催し、「Microsoft 365」関連の多数の新機能や変更を発表した。本稿では主な内容を簡単にまとめる。

コンシューマー向け「Office 365」も「Microsoft 365」に(4月22日から)

 Microsoftは2017年に企業向け新サービスとして「Microsoft 365」を発表した。これは、「Windows 10」とOffice、端末管理機能で構成される総合的なサブスクリプションサービスという位置付けだ。今回、このMicrosoft 365のコンシューマー向けプラン、「Microsoft 365 Personal」と「Microsoft 365 Family」を発表した(日本では前者のみ提供の予定)。

 365

 基本的には現行のコンシューマー向け「Office 365」に代わるものであり、現在コンシューマー向けOffice 365に加入しているユーザーは、購読料はそのままで新機能が追加されるMicrosoft 365に移行する。MicrosoftのQ&Aによると名称変更の目的は「個人と企業それぞれのニーズに合わせて、サブスクリプションに含まれる機能と利点の範囲をより適切に表現するためです」という。

 名称が変わるだけでなく、新機能も追加される。例えば、後述するように、「Microsoft Teams」をコンシューマー向けMicrosoft 365ユーザーも利用できるようになる。

 365 2 新機能の紹介(一部)

 Microsoft 365のプラン(企業向けを含む)は以下のように名称変更する。大企業向けの「Office 365 E1/E3/E5」については変更はない。

  • Office 365 Solo→Microsoft 365 Personal
  • Office 365 Business Essentials→Microsoft 365 Business Basic
  • Office 365 Business Premium→Microsoft 365 Business Standard
  • Microsoft 365 Business→Microsoft 365 Business Premium
  • Office 365 Business→Microsoft 365 Apps for business
  • Office 365 ProPlus→Microsoft 365 Apps for enterprise

「Microsoft Teams」をコンシューマー向けにも(今秋提供予定)

 Microsoft 365のチームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」に、コンシューマー向け機能を追加する。今秋にモバイルアプリに追加する新機能で、Microsoftの仕事用アカウトと個人用アカウントを切り替えて使えるようになる見込みだ。個人用アカウントでは、家族とのチャットや買い物リストやカレンダーの共有、位置情報の共有などができるようになる。

 teams Microsoft Teamsが個人アカウントでも利用可能に

Microsoft Family Safetyアプリ(下半期提供予定)

 「Microsoft Family Safety」はMicrosoft 365ユーザー向けのモバイル(iOSおよびAndroid)アプリ。今年後半リリースの予定(日本でのリリース時期は不明)で、保護者が家族のデジタル利用を管理するためのツールだ。Windows、Android、Xboxの利用時間を管理したり、位置情報をチェックする機能を備える。

 family Microsoft Family Safetyアプリ

Officeアプリの新機能

 Word、Excel、PowerPoint、OutlookなどOfficeの個々のアプリにも多数の新機能が追加される。例えばWordの文書分析・改善提案ツール「Microsoftエディター」がOutlook.comと、WebブラウザのMicrosoft Edge(Chromium版)とGoogle Chromeでも機能拡張として使えるようになる。

 Microsoftは同日、Webブラウザ「Microsoft Edge」の新機能も発表した(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.