ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月31日 10時42分 公開

「Microsoft Edge」に“垂直タブ”など多数の新機能

MicrosoftがChromium版Edgeの新機能を発表した。昨年のBuildで紹介した「Collections」は間もなく安定版で、タブを垂直に表示する機能は数カ月中にInsiderチャンネルで利用可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月30日(現地時間)、Webブラウザ「Microsoft Edge」(Chromium版)の多数の新機能を発表した。既に使えるもの、年内に追加するもの合わせて9つだ。発表順に紹介しておく。

知りたい情報をWebから集めてまとめる「Collections」

 昨年の年次開発者会議「Build 2019」で発表済みの、知りたい情報をWebから集めてまとめる「Collections」機能が、まもなく安定版(Stableチャンネル)に追加される。モバイルでも「今春後半」に利用可能になる。

 タスクバーに表示されるCollectionsボタンをクリック(タップ)するとブラウザの右側にコレクション用の枠が開き、ネットで見つけたWebページ、テキスト、画像などをドラッグ&ドロップで集めてまとめておける。このコレクションはWordまたはExcelに転送することもできる。また、Outlookその他のメールにコピーで添付することで、他の人と共有することも可能だ。

 collection Webのコンテンツをドラッグ&ドロップでまとめる「コレクション」

1クリックでタブを垂直表示に

 開いている多数のタブを1クリックで垂直に表示する機能を、向こう数カ月中にInsiderチャンネルで提供開始する。

 Edgeの左上に表示されるようになる垂直タブボタンをクリックすると、開いているタブがそのボタンの下に垂直に表示される。多数のタブを開きすぎると概要説明が見えなくなってしまうが、垂直表示にすれば概要が表示されたままになるので、分かりやすい。垂直タブ表示でタブの順番を変更することもできる。

 tab 左上の垂直タブボタンをクリックすると垂直タブ表示に切り替わる

Webページのコンテンツを選択してそのフォーマットのままペーストする「スマートコピー」

 Webページ上で右クリックすると表示されるメニューから「スマートコピー」を選択できるようになる。これは、ページ上のコンテンツをドラッグ&ドロップで選択してコピーする機能。コピーしたコンテンツをWordなどにペーストすると、コピー元のフォーマットを保ったままペーストできる。


 スマートコピー機能は、5月にInsiderチャンネルで提供の予定。

3レベルの追跡防止機能(既存機能)

 昨年のBuildで紹介し、既に利用できるようになっているトラッキング防止を3段階から選べる機能についてもあらためて紹介した。

パスワード流出を警告する「パスワードモニター」

 Chomeブラウザではバージョン79に「Password Checkup」として搭載されたパスワード保護機能を「Password Monitor」として向こう数カ月中にInsiderチャンネルで提供する。

 この機能を有効にすると、自動入力設定にしたパスワードの認証情報がダークWebなどで検出された場合、警告が表示される。

 password Password Monitor

Chromeの「シークレットウィンドウ」に当たる「InPrivate」モードのBing検索

 「InPrivate」は、Chroeの「シークレットウィンドウ」に当たる、プライバシー保護モード。このモードでのブラウジング履歴、Cookie、サイトデータは終了時に削除される。これまでBing検索履歴はその例外だったが、間もなくBing検索履歴もアカウントに関連付けられなくなる。

OneNoteの「イマーシブリーダー」がWebでも利用可能に

 既にOneNoteやOurlook、Teamsで使える「イマーシブリーダー」機能が、Edgeでも使えるようになる。イマーシブリーダーとはコンテンツから不要(とMicrosoftが判断した)な部分を排除し、読みやすくする機能だ。Edgeの最新版で利用できるようになった。

 使うには、アドレスバーに表示されるイマーシブリーダーアイコンをクリックするだけだ。Microsoftの公式ブログで利用できたが、本稿執筆現在、アイコンが表示されるページはまだ少ないようだ。

 immersive イマーシブリーダー(右が有効な状態)

Netflixの動画を4Kで視聴可能に

 米動画配信大手のNetflixとの提携により、EdgeでNetflixのコンテンツを4Kで視聴できるようにした。既に利用可能だ。(Netflixは現在欧州では新型コロナウイルス感染症対策による利用急増に対処するため、配信品質を抑えている。)

Bing検索の「Give with Bing」

 「Microsoft Rewards」プログラムの一環として、Bingで検索することで獲得したリワードを設定した団体に寄付できるようになった。Microsoft Rewareds登録ユーザーは、Rewardsの設定に追加された「Give Mode」を有効にすることで寄付できるようになる。

 Microsoftは同日、「Microsoft 365」関連の新機能も多数発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.