ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年11月05日 07時19分 公開

Chromium版「Microsoft Edge」は2020年1月15日リリース

Microsoftが、Chromium版ブラウザ「Microsoft Edge」の正式版を2020年1月15日に公開すると発表した。WindowsとmacOS版だ。新ロゴはイノベーションの波を表現したとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月4日(現地時間)、フロリダ州オーランドで開催の年次テクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」で、Chromiumuベースの新Webブラウザ「Microsoft Edge」の正式版を、2020年1月15日にWinowsおよびmacOS向けにリリースすると発表した。

 edge 1  公式Twitterでの告知

 同社は昨年12月にブラウザのエンジンをオープンソースのChroiumに切り替えると発表し、今年の初頭から開発者版プレビューを提供してきた。

 Chromium版Edgeは旧版の約2倍高速で、Web上の情報をまとめておける「Collections」機能や、「Internet Explorerモード」などの新機能を搭載する。

 edge 2 新旧Edgeのベンチマーク比較

 Chromeブラウザの「シークレットモード」に相当する「InPrivate」モードや、デフォルトでトラッカーをブロックする機能など、プライバシー関連も強化される。

 edge 3 3段階のプライバシー設定

 ロゴも変わる。新しいロゴは、「これから提供していくイノベーションの波」を表現しているという。

 edge 4 新旧Edgeロゴ(右が新しいロゴ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.