ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年11月04日 07時09分 公開

「Microsoft Edge」の新ロゴ公開 「ジェルボールみたい」など賛否両論

Microsoftが間もなく正式版をリリースするとみられるChromium版「Microsoft Edge」のロゴを、同社の幹部がツイートで披露した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」の新しいロゴを、同社の幹部ヴィシュヌ・ナス氏が11月3日(現地時間)、ツイートで披露した。


 同社は昨年12月、Microsoft Edge(以下、「Edge」)をオープンソースのChromiumベースに切り替えると発表。プレビュービルドは既に公開されているが、現在のプレビュー版のロゴは、従来のものが使われている。

 logo 新旧Edgeロゴ(左が現行デザイン)
 logo 2 Internet Explorerのロゴ

 現行のEdgeは2015年4月、「Internet Explorer(IE)」の後継ブラウザとして発表された。IEのロゴは「e」をデザインしたもので、Edgeもそれを踏襲していた。新ロゴも小文字のeに見えなくもないが、IEとも旧Edgeともかなり違う印象だ。また、旧ロゴよりはOfficeの新ロゴになじみそうだ。

 新ロゴは当初、Insider向けのEdgeのCanary版で遊べるゲームのイースターエッグとして登場し、話題になっていた。中には、洗剤のジェルボールに似ていると指摘する開発者も複数いた。

 logo 3 ジェルボール

 MozillaのFirefoxロゴを意識したのでは、という声もある。

 logo 4 Firefoxのロゴ(ブラウザとは別)

 Microsoftは11月4日から、年次テクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」をフロリダ州オーランドで開催する。このイベントで、新Edgeも発表されるとみられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.