ITmedia NEWS >
連載
» 2020年05月16日 07時00分 公開

荻窪圭のデジカメレビュープラス:極めて順当に進化したキヤノン「EOS Kiss X」、4K動画撮影に親指AFも (1/4)

コロナ禍でカメラの新製品も発売延期になるケースが出てきた。キヤノン「EOS Kiss X」も6月下旬に発売が延びたが、一足早く実機が届いたので紹介したい。

[荻窪圭,ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響はカメラ界にも及んでおり、2月のカメラ見本市「CP+2020」が中止になった他、5月にドイツのケルンで開催予定だった「photokina」(フォトキナ)も中止、6月に横浜で行われるはずだった「PHOTONEXT」は秋に延期となったわけである。

 そして新製品にも発売延期となったものがいくつかある。その1つがキヤノンの「EOS Kiss X10i」。4月下旬発売だったこの製品、6月下旬に延びたのである。

発売が6月下旬に延びたキヤノン「EOS X10i」。ゆっくりと検討できる

 確かにエントリー向けの製品を緊急事態宣言期間中に出してもしょうがないよね、旅行にも行けないしイベントも中止だし。

 でも、ここに一足早く実機が届いたので、発売まで間があるけれども紹介したい。

順当に進化したEOS Kiss X

 キヤノンのエントリー向け一眼レフEOS Kiss X10iは、極めて順当に進化したEOS Kissである。前モデルのX9iから3年。基本的なところはあまり変わらないものの、映像エンジンが「DIGIC 7」から8になり、4K動画を撮れるようになった。

 APS-Cサイズクラスのセンサーは約2410万画素。

正面から。マウントはEF/EF-S。小ぶりで柔らかいややなで肩のボディがKissらしさ

 デザインもX9iを踏襲しているが、撮影モードがシンプルになり、ストロボ発光禁止モード、ポートレートや風景モードなどがなくなった。おそらく、利用する人が減ってきたのだろう。

撮影モードダイヤルから発光禁止やポートレートなどがなくなりシンプルな構成になった

 各シーンはシーンモードの中に入ったし、ストロボはポップアップが手動式になったことで、わざわざ発光禁止モードを設ける必要がなくなったからだ。

上面。グリップ部のデザインがEOS。AFエリア、ISO感度、DISP(背面ディスプレイのオンオフ)が一列に並ぶ

 あとは微妙なボタン配置の違いなどはあるが、X9iを踏襲しているといっていい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.