ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月19日 15時20分 公開

ソニーと米Microsoft、映像解析システムで協業 イメージセンサーにAzure AI搭載

ソニーがAIを活用した法人向け映像解析システムの開発で米Microsoftと協業する。新型イメージセンサーにMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Azure」のAI機能を組み込む。

[谷井将人,ITmedia]

 ソニーは5月19日、AIを活用した法人向け映像解析システムの開発で米Microsoftと協業すると発表した。AIを使った処理が行えるICチップを搭載した新型イメージセンサー「IMX500」に、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」のAI機能を組み込む。

photo IMX500(画像左)とIMX501(画像右)

 IMX500はソニーが開発した世界初(自社調べ)の「インテリジェントビジョンセンサー」。イメージセンサー単体で映像解析に必要なデータの抽出などが行えるため、クラウド環境に送信するデータ量の削減や処理の高速化などが見込める。

 同社はイメージセンサーをAzureの機能で拡張するスマートカメラ管理アプリも開発。棚に陳列した商品の欠品状況やレジで会計を待つ客の行列の長さなどを検知する仕組みや、製造現場における危険予知など、用途にあわせてカスタマイズ可能なシステムを法人向けに提供する。

photo Azure AI

 ソニーは自社のイメージセンサー技術とMicrosoftのクラウドやAIプラットフォームを組み合わせることで、映像解析技術を強化し、スマートカメラの市場をリードしたい考え。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.